2021.2.5(金) 13:00-14:30 河原 克己

2021.2.5(金) 13:00-14:30

河原 克己

ダイキン工業
執行役員
テクノロジー・イノベーションセンター副センター長

ダイキン工業における協創イノベーションへの挑戦

  1. テクノロジー・イノベーションセンターの設立
  2. イノベーション創出に向けた実際の課題
  3. 未来に向けた協創イノベーションへの挑戦

講演概要

当社では、2015年11月にテクノロジー・イノベーションセンターを設立し、ダイキン流のオープンイノベーションである「協創イノベーション」への取組みを急拡大してきた。空調事業とフッ素化学事業でグローバルトップレベルへの成長に成功した当社が、次の30年間の持続的成長に向けて、デジタル変革や環境問題(温暖化防止、サーキュラーエコノミー等)をチャンスとしたイノベーション創出に挑戦していかねばならない。さらに、コロナ禍における空気・空間価値の重要性の拡がりの加速からも、真に自前主義を脱した協創イノベーションを成功させていく必要がある。実際の現場における、多様かつ根本的な実行課題や、それを打破しながら進めていくイノベーションプロセスについて提示し、本音で議論させて頂く機会としたいと思う。

PROFILE

1987年
ダイキン工業株式会社入社。
機械技術研究所で材料技術開発やトライボロジーの研究、空調機のライフサイクルアセスメント研究等に従事。
2000年
機械R&D戦略室課長
2005年
空調開発企画室長
2007年
空調生産本部先行部品開発G主席技師としてR&D戦略立案、空調商品の開発企画・先行部品開発に従事。
2011年
テクノロジー・イノベーションセンター推進室長
2012年
同センター設立準備室長として、イノベーション戦略・組織の立案、イノベーションマネジメント手法の立案、同センターの建築推進等 テクノロジー・イノベーションセンターの構想~建築~設立を担当。

2015年
現職にて、協創イノベーション(産官学連携)推進を担当。
東大・阪大・京大・奈良先端大・同志社大・理研・産総研、清華大等との包括連携で協創イノベーションを推進。
2020年
執行役員就任

聴きどころ

「大企業では革新的なことができないのか?」の問いに答えるべく、ダイキン、テクノロジー・イノベーションセンターでは、先進的な取り組みを設立以来続けています。言うは易し行うは難しの産官学連携を推進する立場を長年務めている同センター副センタ―長の河原氏を迎え、日本の特に大手企業において、イノベーションを起こす人と組織の実現について考察します。  

TIME SCHEDULE

  • イントロ 5分
  • 講演   60分
  • Q&A   20分
  • まとめ  5分

SPONSOR

SAP

ENTRY

お申込みはお支払い方法をご選択のうえお願いいたします。

JMA GARAGEお申込み
JMA GARAGEお問い合わせ
JMA GARAGE最新情報
ご案内

2020 © Japan Management Association All Rights Reserved.